キャッシングの利用時には、住所氏名、年齢、年収、勤務形態、勤続年数、勤務先情報などは必ず聞かれる項目です。さらに、お金を借りる目的が聞かれることがあります。キャッシングは資金使途が自由であり、どのような目的に使ってもかまいません。資金使途が自由なタイプの金融商品なのに、お金を借りる目的を聞かれるというのはおかしいと思う人もいるでしょう。

資金使途が自由なタイプの金融商品なので、基本的にはどのような目的で借りることもでき、それが審査に影響することはないと思うかもしれません。しかし、ギャンブルのためとか、キャバクラに通うためなど、お金の浪費と考えられることに使われるとなると、金融機関はお金を貸すのにリスクがあると感じるでしょう。一度契約を結んでしまえば、お金をどのようなことに使おうと自由ですが、審査の時にはお金を借りる目的が影響する可能性はあります。しかし、そう難しく考えることはなく、電化製品を買うためだとか、飲み会のためだとか、基本的には正直に答えていれば不利になることはないと思われます。ギャンブルのためといったように、イメージの悪い理由でなければ大丈夫です。また、ギャンブルのためと答えたからといって、必ずしも審査に落ちるとも限りません。

審査に申し込みをしたときにお金を借りる目的を聞かれるかどうかは、金融機関によって異なりますし、担当者によって異なるかもしれません。基本的には、あまり心配をすることはないでしょう。
http://xn--lckdj1a6g0gne4c.com/