プロミスは、大手銀行グループに属している消費者金融ですが、プロミス自体が銀行の傘下にいるだけで銀行ではないので、カードローン利用時は総量規制の対象となります。総量規制対象外となるカードローンは、貸金業法以外で管理されているもののみです。つまり、銀行法で管理される銀行が提供しているカードローンの様に、限られた商品しか総量規制対象外になりません。

基本的な認識として、「プロミスは総量規制対象外ではない」ということで間違いありませんが、ここで一つ特例があることを覚えておくことが必要です。

そもそも、総量規制は多重債務の予防や緩和を目的として施工されたものです。今後、不本意な債務超過に陥るリスクを軽減しつつ、今ある債務超過を解消するためのサポートをするような目的があります。そして、すでにある超過債務の負担を軽減する方法としてあるのが「おまとめローン」です。

おまとめローンを利用する人は、すでに総量規制の範囲を超えて借入をしている場合が少なくありません。その人たちに対して、「総量規制対象外ではないから何もできません」という訳にはいかないので、おまとめローンを契約する場合に限っては、プロミスの様に本来は総量規制の対象となるカードローンであっても、限定的に総量規制対象外のカードローンとして契約することができます。

当然、審査は通常よりも厳しいものになりますし、借りたお金は借り換え以外に使うことができないなどの制約もあります。ただ、プロミスは必ずしも総量規制対象とは限らないということです。